お知らせ

投稿日:

普段使い

現地の残土搬出土量の確認の立ち会いを予定しておりましたが、キャプチャー図の提出により立ち会いを行わなくてもこのデータだけで確認がオッケーとなりました。

現地の立ち会いをしなくて良いのは、すごく業務の省略につながっていると思います。

どんな現場でも3Dデータを活用し、最後に点群データーの作成から根拠を作っていくことができるので、日ごろのICT技術の活用の大切さが分かりました。
株式会社川上組
〒519-4324 三重県熊野市井戸町548番地の6
電話:0597-85-2343 FAX:0597-89-1894

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

今月中で

今月中で

神川町道路改良工事現場、地山掘削の切取り作業も、小段から3mから4mまで下がってきました。法面整形を …

寂しいですね

寂しいですね

明治のキャンディー商品「CHELSEA(チェルシー)」が販売終了となることが明らかになり、消費者の動 …

残り一回

残り一回

コンクリート打設作業も残りあと1回となりました。後はブロックの据え付け作業にシフトしていく感じとなっ …

PREV
追加
NEXT
講習初日

最近の投稿

2024/05/20

比較

2024/05/17

サイコウ〜

2024/05/17

ザクっと

2024/05/16

1日講習

2024/05/15

仕上がり