お知らせ

投稿日:

被災建築物応急危険度判定制度


先週に引き続き座学でした。

地震発生による被災建物の余震による危険性、及び落下物の危険性等を判定し、その建物と敷地や周囲の建築物に当面の使用の可否を決めることにより二次的災害を防止することを目的としたものであり、それを応急危険度判定士として判定を行うようです。

南海トラフ地震がいつ起きてもおかしく無い状況なので、本当に怖いですね。





株式会社川上組
〒519-4324 三重県熊野市井戸町548番地の6
電話:0597-85-2343 FAX:0597-89-1894

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

安全衛生教育

安全衛生教育

振動工具取扱作業着(チェーンソーを除く)、本日は安全衛生教育を5名の作業員に受講して頂いております。 …

ニューアイテム

ニューアイテム

今日は充電式のチェーンソーが届きました。最近はエンジンの製品よりもバッテリー式の製品が増えてきており …

保存食に?

保存食に?

こんな保存食もあるんですね。僕の場合は保存できずに、今晩のビールのお供になりそうです… …

PREV
順調
NEXT
空撮確認

最近の投稿

2024/02/26

予定通り

2024/02/23

型枠組立

2024/02/21

盛りすぎおやつ

2024/02/21

配筋検査

2024/02/20

残り一回